2005年01月07日

最後の粘度測定

修論提出まであと27日。

でもまだ実験残っててさ。

上から見たウベローデちゃん。
多分人生最後のウベを使った粘度計測。

これキツイんだーふらふら
作業自体は誰にでも出来ることなんだけど(時間計るだけ)
誰にでも出来ることも積み重ねれば君にしかできないこととなるんだよ。
なんて中学教師みたいになってしまいます。

よくストップウォッチ使った暇つぶしで、
ちょうど1秒のところで止めるお遊びがあるじゃないですか。
あれが得意な人おすすめ。
楽しめるんじゃないでしょか。
ただし一回約2〜3分で、1サンプルに付き最低15回
同じ事を繰り返しますがね。
あたしもう二度とやりたくねぃです。
反射神経が鈍いから何度も失敗するし
リッチなとこでは自動で計測してくれるらしい・・・
posted by あおりんご at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

ナスフラを太陽に

修論提出まであと28日。

研究室はじめ。

やり残した実験をちょぼちょぼやる。
片手にナスフラ(スコ)を持って、もう片方の手でベンゼンの瓶を持ってふと思う。
3年間の実験生活で身にしみて分かった当たり前のこと。

瓶の蓋は片手では開けられない。

中に入っているのが発がん性物質だったらなおさらふらふら

posted by あおりんご at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

Taster's Choice

coffee
修論の小粋なお供です。
母が「沖縄ではインスタントコーヒーはみんなこれなんだってさ!!」
と喜びいさんでもらってきたものなんだけど本当かしら。
確かに香りがよくっておいしい。酸味少な目。

明日から研究室がはじまるの。
去年のM2の人たちも、年明けを機にがらっとピリピリガシガシモードになっていたのを思い出す。
えーん、行きたくないよ〜〜もうやだ〜(悲しい顔)
posted by あおりんご at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 修論ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

シャーペン置き場

ja-pesi
研究室落書きシリーズ第二段。
ジャーペシ。

わざわざボールペシと分けたのに。

その辺にあるものテキトーに使ってて
テキトーなとこにほっぽっとく私達だけど、
ジャーペシだけはちゃんとジャーペシ入れにしまってしまう。
posted by あおりんご at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究室の風景。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

ウ@ノ

パンダがいる某有名動物園と同名の後輩の机にあった某男性用整髪料。



私このオヤジギャグかなり気に入ってて
「だっさーい」
「しょうもなーい」
「頭悪ぅーい」
なんて褒めちぎっていたんだけど・・・

落書き犯人は助教授らしい
posted by あおりんご at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究室の風景。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

ナノテク毛穴トリビア

街を歩いていたら、通りすがりの人の会話が耳に入った。

「・・・医薬品とか化粧品に応用すんの?」
「うん、人間の毛穴ってだいたい(直径?)200ナノ(メートル?)だから・・・」

すげー!!フェニル初トリビアだよ!!!
そっかじゃあスクラブ入り洗顔フォームのスクラブってそれ位のサイズなのかな?
(真偽は確認してないのであしからず。)

それにしても、たまたま耳に入ってしまうほど
この種の会話ってありふれているのかなあ?



posted by あおりんご at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活に溶け込む化学。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

デスクバーナーで燃えたもの

(新年明けたし、今年の抱負でも書こうと思ったけど
とにかく修論かたして卒業する以外思いつかないので、
晴れ晴れした気持ちは春におあずけ。)

実は今、とある女友達と男友達の両方から恋愛相談を受けてまして。
お約束ですがお互いがお互いのこと気になっちゃうんだってさ。

で、お互いがお互いのことについてフェニルに相談してることまで双方知ってて。
もーおいらの存在意味ないジャン!
とっとと付き合っちゃえよ!!!

二人の口から直接は聞けないが、二人が親密になった熱いきっかけを私は知っている。

それはある土曜日の昼下がり。
研究室にはほとんど人は来てなくて、FちゃんとA君の二人きりだった。
A君はデスクバーナーで作業をしつつ、Fちゃんはちょっと離れたところで別の作業をしていた。
参考:デスクバーナー

A君が酸素炎ばーばー出しながらガラス細工をしていると、
突然バーナーのねじが緩み、
炎がゆらりとA君の顔に飛び込んできた!!

「ぎゃー」という叫び声に驚いて振り向いたFちゃんが見たものは・・・
髪が燃えた状態で走るA君の姿。
彼女は声も出せず硬直してしまったそうだ。

幸い前髪がちょっとチリになったくらいですぐ火は消えた。
ほっとしたと同時に、今度は笑いがこみ上げてきて
Fちゃんは悪いと思ってももう止められず
息ができないくらい笑ってしまったそうだ。
つられてA君も笑っちゃって。

・・・。
うん、多分それがきっかけ。
つり橋効果っていうんだよね。

・・・と、忘れそうになりました。
このカテゴリは、自分および研究室仲間が実際にやらかしてしまった実験事故を報告し再発防止に努めることを目的といたします。

教訓・・・人が少ない時の危険な作業は避ける。
教訓α・・・でも休日出勤もたまにはいいことある。



posted by あおりんご at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 実験を安全に行うために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

東京観光withハヂワイフ〜その1・言葉の壁

恥クリスが日本にやってくる。

恥クリスとは、本名Nikos Hadjichri@tidis(検索を避けるため@つけました)、
高分子化学のごく狭い分野内では知らない人はいない偉いギリシャの教授様です。

学部生のころ、なんて読むのか分からず
勝手に恥クリスと呼んでました。
(はぢくりすてぃでぃす、と読む)
まあ恥クリスが雇用と古米と拙者のよな小物には関係のない話でござったが。しかし。

教授にチオフェニちゃん(学科の友人、研究テーマはもちろんチオフェン)と一緒に呼び出される。
半日、ハヂの奥さんの東京観光に付き合って欲しいという・・・。
「英語力試しのいい機会じゃないか!!」

二人とも修論が・・・イヤと言い出せずしぶしぶ承諾。
承諾を受けた直後に吐いた教授のセリフ。

「あ、奥さん英語できるかどうかわかんないよ。
ギリシャ語しか話せないかも。」

ちょっと待って!!あなたさっき英語力の力試しって・・・
おっさん薄汚いぞ(怒
私があたふたしていると、チオフェニーがにっこり笑っていった。

私ギリシャ語話せます。カタコトですけど・・・」

彼女が英語とロシア語が話せるのは知っていた(宇宙飛行士志望だから)。
なんか語学が趣味で、ベトナム語とかアラビア語とかレアな奴の勉強をするのが好きらしい。
参考サイト:ギリシャ語・・・物理学にしか見えないよ(泣

はにゃー台風←自分のおバカがきわだちます

まあ、だからこそ彼女はハジワイフ東京観光決行隊に選ばれたのだろう。
この忙しいのに・・・

さて、英語ですらアイタタなおいらが
生贄ハジワイフ東京観光決行隊員に選ばれてしまったのは何故でしょう?
(その2に続く)
posted by あおりんご at 16:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 研究室の風景。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無人島にいったら

HさんはD論、私は修論作成に向けて向かいの席同士
鬱めなトークを繰り広げていたこの年の瀬。

「・・・無人島にでも逃避行したいねえ」

そうですねえ。二人してしばし遠い目になる。

「フェニルは無人島にいったら何がしたい?」

私?私は・・・

「・・・無人島にいって、丸一日思いっきり泣き叫びたいです」

しばし沈黙。

彼は私の話をなかったことにして「ハンモックで寝てみたいなあ」と話を続けた。

・・・鬱めだったのって、私だけだったかもしれない。

posted by あおりんご at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究室の風景。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

泡メーカー

このカテゴリ(実験を安全に行うために)は、
自分および研究室仲間が実際にやらかしてしまった実験事故(もちろん、笑って済むタイプのやつね)
を報告し再発防止に努めることを目的といたします。


後輩Iの合成実験。
抽出作業で大量に塩がでるのはよくあること、よくあること。

でもこれ、2リットルビーカーバッド(下向き矢印)

ドラフト中が泡だらけ。右端の方にあるのも全部そうです・・・

あははははわーい(嬉しい顔)
自分の実験じゃないからこそ楽しい黒ハート

教訓・・・新規の合成実験の時は小さいスケールで。

posted by あおりんご at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験を安全に行うために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。