2005年02月21日

世界のさきっぽ

そういうわけで、修論は完成したし発表も終わったし、
卒業式を待つのみです。はぁ。
ブログリニューアルしてみました。
うふ、ぱんだかわいーぴかぴか(新しい)

フシメをセツメといってしまったために出来なかった熱い話を追記にかいちゃえ。
疾風怒濤の3年間だった。
それまでの人生のどことも違う。
泣いたり吠えたり笑ったり。

私は世界のさきっぽを見てみたかった。

はじめて真剣に人生を考えてみた時に、
それははじめて死を考えた時でもあり。

私は世界の端っこを見てから死にたかった。

なんでもいいから、社会的価値とかどうでもいいから、
どんなにちいちゃくてもいいから。
うまくいえないんだけど。

教授とHさん(通訳、教授は私の言うことが理解できず、私は教授のいうことが理解できないからふらふら
と私の3人で長い長いディスカッションをよくした。
議論の向こうにうっすらと、世界の先っぽが見えた気がした。

そして実験最中は必死で何も考えていなかったけど、
私は確かにこの手で世界の先っぽに触っていたのだと思う。
(誰からも注目されない分野であったとしてもいいのだ猫

失敗も後悔もあるけれど、
私はこの3年間に満足している。
(そして満足できてしまうから、私は学者になれないのだ)

次いくべ!

posted by あおりんご at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 修論ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。